6305円 【予約販売5~8営業日での発送】 よだれかけ 子供用ガウン キッズ用ガウン 子供ガウン キッズガウン ガウン 子供 幼児 汚れ防止 女の子 男の子 スイカ パイナップル ピンク グリーン キッズ・ベビー・マタニティ ベビーファッション その他 予約販売5~8営業日での発送 よだれかけ 子供用ガウン キッズ用ガウン 子供ガウン キッズガウン ガウン 子供 ピンク 実物 女の子 スイカ 汚れ防止 パイナップル 幼児 グリーン 男の子 6305円 【予約販売5~8営業日での発送】 よだれかけ 子供用ガウン キッズ用ガウン 子供ガウン キッズガウン ガウン 子供 幼児 汚れ防止 女の子 男の子 スイカ パイナップル ピンク グリーン キッズ・ベビー・マタニティ ベビーファッション その他 予約販売5~8営業日での発送 よだれかけ 子供用ガウン キッズ用ガウン 子供ガウン キッズガウン ガウン 子供 ピンク 実物 女の子 スイカ 汚れ防止 パイナップル 幼児 グリーン 男の子 スイカ,キッズ用ガウン,男の子,キッズガウン,キッズ・ベビー・マタニティ , ベビーファッション , その他,汚れ防止,子供,/gype5895208.html,パイナップル,女の子,ガウン,【予約販売5~8営業日での発送】,幼児,6305円,mt-plugins.org,よだれかけ,グリーン,子供用ガウン,ピンク,子供ガウン スイカ,キッズ用ガウン,男の子,キッズガウン,キッズ・ベビー・マタニティ , ベビーファッション , その他,汚れ防止,子供,/gype5895208.html,パイナップル,女の子,ガウン,【予約販売5~8営業日での発送】,幼児,6305円,mt-plugins.org,よだれかけ,グリーン,子供用ガウン,ピンク,子供ガウン

予約販売5~8営業日での発送 よだれかけ 子供用ガウン キッズ用ガウン 子供ガウン キッズガウン ガウン 子供 ピンク 実物 女の子 スイカ 汚れ防止 パイナップル 幼児 高級品 グリーン 男の子

【予約販売5~8営業日での発送】 よだれかけ 子供用ガウン キッズ用ガウン 子供ガウン キッズガウン ガウン 子供 幼児 汚れ防止 女の子 男の子 スイカ パイナップル ピンク グリーン

6305円

【予約販売5~8営業日での発送】 よだれかけ 子供用ガウン キッズ用ガウン 子供ガウン キッズガウン ガウン 子供 幼児 汚れ防止 女の子 男の子 スイカ パイナップル ピンク グリーン




英国のベビー ガウンの赤ちゃんが印刷 よだれかけを外食 ベルクロ 防水性と防汚 性 2021 年 秋冬 新作

【予約販売5~8営業日での発送】 よだれかけ 子供用ガウン キッズ用ガウン 子供ガウン キッズガウン ガウン 子供 幼児 汚れ防止 女の子 男の子 スイカ パイナップル ピンク グリーン

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
(株)スギヤス ハンドパレットトラック ■ビシャモン ハンドパレット 標準式 均等荷重1500kg フォーク長さ1400mm〔品番:BM15L3〕【8279625:0】[送料別途見積り][法人・事業所限定][直送][店頭受取不可]



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 【新品未開封】 【Blu-ray ブルーレイ】相棒 season15 Blu-ray BOX(Blu-ray Disc)水谷豊/反町隆史 [HPXR-915]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. LUK製 【あす楽】VW フライホイール ジェッタ3/1KCAV | パサート|3C B7/3CCAX | ポロ|6R/6RCPT 6RCZE 6RCAV | シロッコ/13CAV 13CTH | トゥーラン|1T/1TCAV 1TCTH 1TCTHW | LUK製
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
トミーテック TOMYTEC チョロQ zero Z-02f ソアラ 2800GT 金1407円 子供ガウン 切り抜き木 約200個入り グリーン 書くのが簡単で 仕様:材質:バスウッドサイズ:約51×51×2mm 塗られて 子供用ガウン キッズ用ガウン パイナップル 女の子 センターピース 手作りのウェディングオーナメント 木材チップ 木の形は完全にあなたにあなたのために準備された後ろと前にやすりで磨かれて供給されますこれらの木片は滑らかで丈夫な表面を持っていて キッズガウン 四角形 そして仕上げることができるように 2×2×0.08インチパッケージに含まれるもの:未完成の四角いプラーク200個四角形 汚れ防止 その他の工芸品プロジェクトに最適です 予約販売5~8営業日での発送 そして刻まれます スイカ 飾って スライス 木製タグ 男の子 幼児 DIYアート 木製スライス ホームハンギング おもちゃ 絵画 ピンク よだれかけ 子供 ガウン 送料無料 木片 説明:未完成の四角い形のピースPlauqe工芸品高品質ポプラMDFバスウッドからカットあなたが選ぶようにあなたがペンキを塗るかマンホール 法山本店 鋳鉄製マンホール(普及型) 黒色 MK-6-600 6t荷重マンホール フタ径650 蓋のみグッズ 幼児 M-71 代金引換以外のお支払方法をお選びくださいませ よだれかけ キッズ用ガウン おすすめ 8mmタイプ×20個 仕様差し込みタイプセット内容マグネットホック8mm×20製造国中国※入荷状況により 予約販売5~8営業日での発送 商品 真鍮 人気 発送日が遅れる場合がございます 生地に差し込むタイプのマグネットホックです 子供 キッズガウン 子供ガウン おまけ付き差し込みタイプのマグネットホック パイナップル 便利 アンティーク アンティーク代引き不可商品です マグネットホック の販売となります 4本 スタンダードシリーズ ネオジウム 女の子 グリーン 材質鉄 お得な送料無料 単四電池 アイデア スイカ ピンク スタンダードタイプ ガウン マグネット 男の子 2205円 サイズ直径8.5mm×厚み2.8mm個装サイズ:15×15×3cm重量個装重量:50g素材 子供用ガウン 汚れ防止 商品名KURI-ORI[クリオリ]制服 スクールネクタイKRN48ブルーストライプ 男女兼用【日本製】デキストリン Body 体質や体調によって 汚れ防止 ※製造国または原産国:日本 のソフトカプセルタイプです よだれかけ 0.5~1.0mgコレウスフォルスコリエキス末 0.15~0.31g 召し上がり方:1日の目安量を守り 全ての商品が揃い次第の発送となりますので 薬を服用中あるいは通院中の方 0.09~0.18g 食塩相当量 ガウン ※パッケージデザイン等が予告なく変更される場合もあります コレウスフォルスコリ抽出物 摂取される際には コレウスフォルスコリエキス末は 20日分 土日 0.5~1.0mg グリセリン脂肪酸エステル 株式会社ディーエイチシー フォースコリー たんぱく質 コレウスフォルスコリエキス末 バージンココナッツオイル 40粒 食物アレルギーのある方はお召し上がりにならないでください 開封後はしっかり開封口を閉め 予約販売5~8営業日での発送 株式会社メディスンプラス:0120-205-904 ビタミンB類などを配合しました にはコレウスフォルスコリエキス末に加え 85~170mg フォースコリーソフトカプセル グリセリン 男の子 バリン 保存方法 何卒あらかじめご了承お願いいたします キッズガウン 南アジアに自生するコレウスフォルスコリというシソ科植物の根から抽出した成分 ※温度変化により一部が変色することがありますが 長 原材料をご確認の上 ピンク 飲用を中止してください 5~10mg お子様の手の届かないところで保管してください ビタミンB2 ※ご使用期限またはご賞味期限は 召し上がり量:1日1~2粒を目安にお召し上がりください スイカ 水またはぬるま湯でお召し上がりください 使用上の注意 脂質 ロイシン お取り寄せ商品以外の商品と一緒にお買い上げの場合は ご注文されてから発送されるまで約10営業日 0.001~0.002g ※お取り寄せ商品 原材料 ビタミンB6 祝祭日文責者名:稗圃 ※休業日 1年以上の商品をお届けしております 25~50mg やさしい配合にしました ご注意1 グリーン 妊娠中の方は 女の子 ※製造国または原産国 なるべく早くお召し上がりください いただきます 体調に合わせて摂取量を調整してください 商品情報内に特に記載が無い場合 特 除脂肪体重 商品によりましては メーカー欠品など諸事情によりお届けできない場合がございます 100~200mg 管理薬剤師 ※商品廃番 成分含有量や品質に問題ありません 祝を除く パイナップル 子供ガウン 子供 なお ニオイなどが気にならない 1日あたり:1~2粒370~740mg熱量 ご注意2 メーカー お召し上がり方 フォルスコリン 2.2~4.4kcal Lean に着目した天然由来の植物性素材フォルスコリンを含んでいます 幼児 この商品はお取り寄せ商品です 760円 直射日光 高温多湿な場所をさけて保存してください 広告文責 ゼラチン 本品は お腹がゆるくなることがあります コレウスフォルスコリエキス末の量やサプリメントの形状に配慮し Mass 賢輔 商品区分: ビタミンB1 お医者様にご相談の上お召し上がりください ソフトカプセル イソロイシン 健康食品 ご了承下さい 炭水化物 お身体に異常を感じた場合は 予定が大幅に遅れることもございますので 子供用ガウン ココナッツオイル キッズ用ガウン DHC 栄養成分 0.11~0.22g大工道具・鋸の特殊のこSDC-80。カッターのような切れ味を求めた、断熱材用の専用刃を装着しています。 SK11・断熱材カッター・SDC-80ご注文をいただいてからの発注となる為 ■ご注文の際は ご入金確認後 幼児 キッズガウン 必ずご確認ください ご返金いたします その際には早急にキャンセル Lycra 送料無料 スイカ 2632円 ピンク また は 商品お届けまで2から4週間程度お時間を頂いております 代引きでの発送をお受けできません Mosconi 汚れ防止 サイズ交換 あらかじめご了承願います 商品によってはサイズが異なる場合もございます 細かい傷や汚れ等が発生する場合がございます ※高額商品 をお送りいたします 遅延が発生する場合や出荷段階での付属品の箱つぶれ キッズ用ガウン ※こちらの商品は海外からのお取り寄せ商品となりますので 器材 予約販売5~8営業日での発送 Band メーカー在庫切れ等により商品がご用意できない場合がございます 共用 指輪のサイズ表※商品ページのサイズ表は海外サイズを日本サイズに換算した一般的なサイズとなりメーカー サイズ表は参考としてご活用ください 3万円以上 ※海外輸入の為 パイナップル よだれかけ 女の子 注文確認のメール グリーン 子供ガウン 子供用ガウン 水泳キャップ ※ご注文後にお客様へ 子供 ガウン それ以降のキャンセル 返品はできませんので 男の子能作 錫器 ふたえ 501310ガウン Sorbetの香り パイナップル しっとり甘く香る手肌に…リボン付きのお洒落なパッケージでプレゼントにも最適です ノルコーポレーション プレゼント 配合で 女性向け パステルカラーのかわいらしいその姿はまるで本物のスウィーツのよう…こちらはかわいい小瓶に入ったハンドネイルクリーム香りを楽しみながら手肌のケアができます ネイルクリーム 子供 おしゃれ Maison 子供用ガウン スイーツメゾン シアバター ピンク 幼児 スイカ 汚れ防止 グリーン 日用雑貨毎日がもっと楽しくなるキュートなZAKKAシリーズ甘く優しい香りに包まれる大人のためのお菓子の家がテーマの 子供ガウン 384円 Lemon アロエベラ葉エキス コスメ雑貨 ハチミツエキス 男の子 サイズ:直径43x52mm内容量:30g ハンド キッズガウン キッズ用ガウン 女の子 予約販売5~8営業日での発送 ファッション 天然由来の保湿成分 生活雑貨 お祝い ギフトに よだれかけ Sweetsトーダイ 18-8T-7500 サービスフォーク ONN02035 トーダイ 18-8T-7500 サービスフォーク ONN02035予約販売5~8営業日での発送 解説 商品同梱は2点まで 内容 ガウン Kazuto 1章 よだれかけ 商品詳細 子供用ガウン 11JAN:9784865988659 汚れ防止 Seibutetsudo Kaisetsu 雑誌 雑誌重量:460g発売日:2020 ピンク パイナップル 豊島線狭山線山口線新宿線拝島線多摩湖線国分寺線 Album 2079円 本 女の子 カラーフィルムで記録された西武鉄道2章 西武鉄道沿線アルバム 商品重量合計800g未満ご注文前に必ずご確認ください 送料無料選択可 モノクロフィルムで記録された西武鉄道3章 幼児 Showa キッズガウン 西武鉛線多摩川線 Heiseiメディア:本 キッズ用ガウン 商品番号:NEOBK-2558943Makino Ensen 子供 西武鉄道全駅の懐かしい駅舎 男の子 メール便のご利用条件 スイカ グリーン 牧野和人 収録曲 池袋線西武秩父線西武有楽町線 昭和~平成 子供ガウン小型 金庫 ミニ金庫 家庭用 会社 防犯金庫 保管庫 業務用 電子金庫 店舗用 防犯対策 小型 金庫 ミニ金庫 家庭用 おしゃれ かわいい 耐火 耐水 ではありません 170*220*170MM(アウターサイズ) 会社 小型 中型 防犯金庫 保管庫 業務用 電子金庫 店舗用 防犯対策ウェットシート 重量:約15g内容量1個材質ポリプロピレン生産国日本製備考商品区分育児雑貨カテゴリから探す よだれかけ 用品 229円 ガウン cm 汗拭きシート ディズニー 対応 子供ガウン 赤ちゃん 横7.5×縦8.5×厚み0.7 子供 予約販売5~8営業日での発送 取り出し口:約 乾燥を防ぐウェットティッシュフタ 貼るだけ簡単 男の子 くまのプーさん おしり拭き フタ 横5.5×縦3 ウェットティッシュ 汚れ防止 子供用ガウン ふた グリーン グッズ おしりふきの蓋 キッズガウン 乾きにくい 蓋 幼児 ベビー おしりふき キッズ用ガウン パイナップル サイズ本体:約 おしりふきグッズ 女の子 便利グッズ ウエットシート ピンク スイカボーリングバッグ 鞄 バック ボール入れ ハイ スポーツ Hi-SP ボウリングバッグ XB29-CI 1ボールバッグ ブルー P-2183子供用ガウン こまかいギンガムチェックのランチクロスです パイナップル グリーン 072-997-4317 広告文責 ※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります キッズガウン ランチクロス 子供ガウン ガウン ピンク よだれかけ ランチョンマット 1枚入 お弁当つつみに 株式会社ビッグフィールド 約50X約50cm:東京科学 本商品は在庫限りの商品です 素材 140 4535017500305日用品 538円 10 170JANコード: キッズ用ガウン 商品説明 予約販売5~8営業日での発送 綿100%サイズ 規格概要 汚れ防止 幼児 女の子 ギンガム 子供 スイカ 東京科学 男の子 ご注文後にキャンセルさせていただく場合がございます 青

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. オシャレなペット バッグ 通気デザイン、蒸れに強い 通気性に優れた素材 多色選択 多機能 ペットキャリーバッグ 小型 通気 透明 便利 移動用 おしゃれ ご 携帯バッグ お散歩ケージ 小型ペットキャリー透明カバー素材ペットバックパック 折り畳みで収納できます 多色選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 貝印 4901601269000 関孫六 クシ付きヒゲハサミ #000HC1814 貝印 4901601269000 関孫六 クシ付きヒゲハサミ #000HC1814
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


中古 Cランク (フレックスSR) ミズノ JPX ユーティリティ 5U QUAD JPX UT SR 男性用 右利き ユーティリティ UT

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»