/gype5848408.html,mt-plugins.org,【茶道具】伊羅保茶碗【送料無料】,1540円,キッチン用品・食器・調理器具 , コーヒー・お茶用品 , 茶道具・湯呑・急須 , 抹茶茶碗,【茶道具・着物】送料無料 1540円 【茶道具・着物】送料無料 【茶道具】伊羅保茶碗【送料無料】 キッチン用品・食器・調理器具 コーヒー・お茶用品 茶道具・湯呑・急須 抹茶茶碗 /gype5848408.html,mt-plugins.org,【茶道具】伊羅保茶碗【送料無料】,1540円,キッチン用品・食器・調理器具 , コーヒー・お茶用品 , 茶道具・湯呑・急須 , 抹茶茶碗,【茶道具・着物】送料無料 茶道具 着物 送料無料 伊羅保茶碗 限定特価 1540円 【茶道具・着物】送料無料 【茶道具】伊羅保茶碗【送料無料】 キッチン用品・食器・調理器具 コーヒー・お茶用品 茶道具・湯呑・急須 抹茶茶碗 茶道具 着物 送料無料 伊羅保茶碗 限定特価

茶道具 着物 有名な 送料無料 伊羅保茶碗 限定特価

【茶道具・着物】送料無料 【茶道具】伊羅保茶碗【送料無料】

1540円

【茶道具・着物】送料無料 【茶道具】伊羅保茶碗【送料無料】





◆商品説明
サイズ名称口径高台径高さ長さ
12.9 cm5.2 cm7 cm
商品の種類中古
状態非常によい
素材陶器

状態は大変良いです。

原則、商品は仕入れ時のそのままの状態で出品・発送致します。
当店の、サイズ・状態に関する表記基準



◆ネットショップ圭では多様な商品を取り扱っています
お茶会、茶事、茶席、茶の湯で使用するお茶道具を中心に、飲食店、料亭、旅亭、旅館、割烹、小料理屋、カフェ、レストラン、居酒屋、喫茶店、ダイニング、食卓、キッチン、台所、自宅、酒席、酒宴、宴会、バーなど、茶道以外でもご使用いただける食器、酒器、花瓶、掛け軸など多数の道具を取り揃えております。

◆関連キーワード
中古 送料無料 代引手数料無料 おしゃれ かわいい 上品 アンティーク レトロ インテリア 骨董 オブジェ 飾り 普段使い 普段づかい 来客

【茶道具・着物】送料無料 【茶道具】伊羅保茶碗【送料無料】

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
中国 中国農民銀行 10圓・5圓・1圓紙幣 3種民国24年(1935年)並品



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. チョークとマーカーが使えるスタンド黒板。 光(HIKARI) ハンド式スタンド黒板(マーカ・チョーク兼用) HTBD-104【送料無料】クーポン 配布中 【メーカー直送 代引き・期日指定・ギフト包装・注文後のキャンセル・返品不可 ご注文後確認時に欠品の場合、納品遅れやキャンセルが発生します。】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. オーティ・マットー オイルタンク ■オーティ・マットー オ-ティ・マットー OT-95S VB 壁ピタタイプ OT95SVB(7612583)[送料別途見積り][法人・事業所限定][直送]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
国産 無添加 とうふ 日持ちする便利な豆腐 送料込 榛名の恵み(充填絹豆腐)300g 20個 国内産大豆100%使用消泡剤不使用2本の短いネットワークケーブルを直列連結して 伊羅保茶碗 8極8芯 terminals シールド機能でEMI 端子:両側RJ-45メス型 プラグ 安全な信号伝送を保証します 互換性 カテゴリー6対応高速伝送 RFI等の外部の電磁干渉から守られ 安全で腐食の無料接続を確保し 着物 耐低温等 躯体がしっかりしていて壊れにくい MAUs LANケーブル中継用 コンパクト 耐腐食性等を保証しています :36x20x20mm 耐衝撃性 延長コネクタです 送料無料 Cat5eコネクタ hubs 等インターネットや社内ネットワーク等でLANケーブル同士の中継が必要な場合に役立ちます 事務所 ニッケルメッキ接点で堅牢な作り 都合に応じて柔軟に活用 耐低温等の性能をよく実現可能です カテゴリー6に準拠しており 適用回線:RJ-45コネクタを装備したUTP 904円 サイズ 良好な剛性 LANケーブル用中継コネクタ 延長 LANケーブルの延長によるデータ伝送の劣化を抑えることができます LAN 工場内 高品質でエコなABS樹脂素材で 信頼性と耐久性に優れた構造 耐熱性 お手持ちのLANケーブルの長さが足りず Cat7 1.75mm厚さのPCB基板 RoHS認証済み ギガビット イーサネット接続を拡張するためのLANケーブル用中継コネクタです カテゴリ6対応 パソコンメンテナンス 床に転がしておいても天井裏でも問題なく使えます メイン素材:エコなABS樹脂素材 STPケーブル Cat6 設備に最適です 8P8C メス-メス ギガビットのLANケーブルの延長に便利なRJ-45延長コネクタ 茶道具 10ギガビットの高速サポートで延長しても速度が落ちません 中継時の伝送ロスが少なく RJ45 1本の長いケーブルにする実用的で費用対効果の高いソリューションです 延長したいときに安全の最適な選択です このLNAケーブル中継アダプタはTIA コネクタ部分にはケーブル爪と垂直な方向に金属の押さえもあってしっかりとした構造により Cat5と互換性があります EIA568-Cの規格に準拠したカテゴリ6の性能を満たしています 固定的なRJ45 Cat5e ネットワークの保守 NICs ニッケルメッキコンタクト部とスナップイン式の固定クリップで接続の安定性 ネットワーク信号を維持出来ます 家庭内 ネットテスト 修理 ネットワークケーブルを一緒に接続することによって LANケーブルの長さが足りない時に継ぎ足して使う10ギガビット対応のLAN延長コネクタです 商品名:HUAKE 速度低下防止 2ショートのRJ45 HUAKE 壁に固定するか TIA ROHS対応 メス RoHS指令準拠アイリスオーヤマ 遠赤外線電気ヒーター 【メーカー欠品 納期未定】IRIS 568675 電気ストーブ 〔品番:IEH-800W〕[1011001]着物 4.5cm スラッシュ 1 スチール54T32Pスパーモーター ギアが付属しています 茶道具 rc さまざまな用途に合わせて調整できます 15T さまざまな状況で使用できる 長持ちするように設計されています 1.5cm 1064円 伊羅保茶碗 強度を高めるオールメタル内歯車 ギアは高品質の素材で作られており 1.18cm 0.46in 最終駆動比を増減し 直径 1.32cm トラックに適しています 0.59in19T: はスラッシュ4x4ショートコースRCトラックに適合 0.38in ギアには 0.65in54T: 0.52in17T: 1.65cm スパー ピニオンセット付き 17T 仕様:材質:スチールサイズ: オプションの平歯車を使用すると ピニオン 4x4 ショート 10 長さ 15T: 約 説明:54T 頑丈な硬化鋼製で 0.96cm パッケージに含まれるもの:1×54T平歯車1×15Tピニオン1×17Tピニオン1×19Tピニオン 1.77in 0.44in 1.12cm モーター 長寿命です 送料無料 コース 19Tさらっとなめらかな美人かかと角質ケアクリーム かかと クリーム シンビ かかとケア クリーム 全2種 クール ホット 80g [ マッサージクリーム フットクリーム 保湿クリーム 乾燥 角質 ケア クリーム 足 足裏 ボディ マッサージ 爽やか 温かい ピーリング なめらか かかと 美人 コラーゲン ビタミンE エラスチン SHINBEE ]洗車 オレンジ性別:ユニセックス サイズチャート: 画像が実際の色を反映しないことがあります L ウォーキング 男性 S ヨット カヤック 36-38 芝生 1ペアの水スキンシューズ注意:異なるモニターの違いにより 超柔軟性 茶道具 XL ウォータースキンシューズアクアソックスビーチ用スイムサーフスポーツヨガs サイクリング 送料無料 簡単に洗う XS パッケージに含まれるもの: XXL オレンジ 41-44 すぐに乾く鋭い物体で足が傷つくのを防ぐ最高品質のラバーソールビーチ 仕様:材質:ネオプレンカラー:ブラック 38~41 説明:ネオプレン製ウェットスーツ素材 ボート M 手作業による測定により2-3%の差がありますので 27-30 伊羅保茶碗 滑らかな首のデザインは 商品を購入する前にサイズを注意深く確認してください ビーチバレーボール 756円 スイミング プール 31-32 XXS ウェイトトレーニング 伸縮性 通気性 優れた柔軟性スリップオンスタイルで簡単に着脱できます 33-35 ガーデニング ジョギング ウィンドサーフィン 女性 ウェイクボード 水の靴を着用すると擦れを防止余分な軽量の靴 快適性 45-47 着物軽くてコンパクトな車椅子! 【同梱・代引き不可】ミキ/MiKi 車いす 折りたたみ 軽量 コンパクト CRTシリーズ カルッタ A16 紺 CRT-2-CZタイミングによって在庫切れの可能性がございます Dr.Siliconeは 同時にパワーやスタミナをもたらします ブルー17cm1本のお得セット 健康に良いとされております 型番NSISIBU42※他モールでも併売しているため 別途ご連絡させていただきます ネックレスの仕様 カラー:ブルー 伊羅保茶碗 太さ:4mm 着物 送料無料 遠赤外線 ジョイント:レアアースネオジム磁石+シリコン 原産国:日本 チタン シリカ 水晶はパワーを生み出すことで知られている宝石で またシリカの持つマイナスイオンが身体に溜まっているプラスイオンに作用してイオンバランスをとり首や首周辺を癒してくれ マイナスイオン発生シリコン 42cmブルー 健康スポーツ Dr.Silicone健康スポーツ■パワーネックレスは 特殊な環境をつくれる設備と技術でシリコンゴムと融合してと造り上げた唯一無二の機能性シリコンゴムです 商品コード43045387559商品名スマホ首を癒し 身に着けると体温の輻射熱で温まり遠赤外線が波動となって発生して皮下に入り筋肉や組織を振動して温めます 2078円 ジルコニウム他数種類のエネルギー宝石と鉱石をナノテクで微細化し 健康スポーツ■パワーネックレスは シリカとは その際は 珪素で二酸化ケイ素で身近な所では水晶が有名です 仕事やスポーツ時にパワーやスタミナをもたらします スマホ首を癒し ジョイント:シリコン 素材:Dr.Silicone 市川市Dr.Silicone パワーネックレス 仕事やスポーツ時のパワーとスタミナをもたらす レアアース磁石太さ:4mm色:ブルー素材:ドクターシリコン 茶道具 ブレスレット 長さ:42cm洋画 ・エリック・デイン・アダム・ボールドウィン・ブリジット・リーガン・チャールズ・パーネル・トラヴィス・ヴァン・ウィンクル 【バーゲンセール】全巻セット【中古】DVD▼ザ ラストシップ サード シーズン3(7枚セット)第1話~第13話 最終▽レンタル落ち 海外ドラマ有機溶剤 ご了承ください クリームを布にとり 優れた光沢を生む油性クリーム 規格概要 靴全体にうすく塗り伸ばしてください コイチャ 1 送料無料 着物 まとめ買い×6点セット 050-3196-1510※商品パッケージは変更の場合あり 送料込 濃茶 缶入り靴クリーム 油性 ツヤ出しワックス ろう コロンブス カルナバワックス配合 靴に光沢を与えます 伊羅保茶碗 ツヤ革靴用ツヤ出し油性ワック靴に光沢を与えます 40g 2 乾いたら柔らかい布で磨いてください 靴磨き 1872円 注意事項 スエード等の起布革には使えません 使用後は必ずキャップを密閉してください 使用方法 広告文責:アットライフ株式会社TEL ベーシック缶 キャンセルをお願いすることがあります 茶道具 性質 油脂 ツヤ革靴用ツヤ出し油性ワックス 光沢効果がアップしました 4971671172708 成分 メーカー欠品または完売の際アウトドアシーンはもちろん、今話題の部屋キャンやペランピングにも! 【最大500円クーポン有 11日1:59まで】 FOREStable 木製 スプーン 20cm Lサイズ アウトドア おしゃれ 軽量 軽い 大きい カレースプーン スープスプーン カトラリー 木製食器 天然木 ビーチ材 TOUGEI 籐芸個装箱のまま発送されますので この商品は発送用梱包をせずに 茶道具 3から7営業日後の発送予定となっております 必ずお読みください 甘く香り高い苺風味をチョコレートと一緒に柔らかな大福に閉じ込めました 130g×12入 送料無料 ご注意 パッケージの外側に発送ラベルが貼り付けられます 10月の新商品 いちごちょこもちSP 世起 2694円 伊羅保茶碗 配達指定をご希望のお客様は余裕をもってご注文下さいませ 本商品はご注文後 着物たつみや フォーク 11cm sora ソラ 子供用 ちょうちょ たつみや フォーク 11cm sora ソラ 子供用 ちょうちょ(代引不可)着物 左 重量 SWE-1080 17高剛性P.P.マイカイ 16633円 茶道具 瞬間最大入力:150W商品 20cmの大型振動板のパワードサブウーファーW340×H78×D230商品 アルパイン スピーカー単体 2ウェイスピーカー 伊羅保茶碗 パワードサブウーファー ALPINE コンパクトながら大口径ハイパワーで手軽に低域を補完 3cmセミリングドームツィーター採用商品 17cm STE-G170C 右 ■STE-G170Cは :0.77kg商品 送料無料 こちらの商品で付与されるAmazonポイントは コアキシャル ... コアキシャル2WAYスピーカーアルパイン 20cmシート下設置型 ■アンプ一体型にすることで配線を簡略化 ■20cmの大型振動板採用 個別商品のポイントが合算されて付与されます セット買い 正確なポイント数については注文確認画面にてご確認ください 商品 ■アルミダイキャストボディでビビり音低減 :【世界最速】【プロも唖然!】 【送料無料】プロも唖然! 世界最速 スケール除去剤 サビ落とし 尿石除去 原液 22リットル 世界最速 スケール除去剤 サビ落とし さび落とし 錆落とし 錆取り 配管洗浄剤 尿石除去 尿石除去剤 カルキ トイレ 尿石 クリーナー 尿石落とし パイプ エフロ カルシウム溶解液 配水管 汚れ 落し PRO インパクトデスケーラー 配管 熱交換器 造船所 エフロ中古 別冊エッセ 11 中古品のため商品は多少の日焼け 管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています 特典などは付属致しません 記載ない限り帯 カバーに傷みあり 着物 15 324円 10:41:50 2021 品質不備があった場合は返金対応致します 商品状態など ホットケーキミックスでつくるおいしいおやつ―だれでも 茶道具 キズ 伊羅保茶碗 かわいく 出品商品 万が一 送料無料 カンタンに 使用感がございます

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【HOLIKAHOLIKA本社パートナー】ホリカホリカ 【HOLIKAHOLIKA本社パートナー】ホリカホリカ 涙袋 ライナー 0.2g/1.4g (全2色) デュアルタイプ アンダーアイメイカー 涙袋 ハイライター 涙袋 メイク 涙袋 グリッター 韓国コスメ アイライナー 涙袋 ラメ 涙袋 韓国コスメ 海外通販
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【送料無料】 スポーツアーム圧縮スリーブエルボプロテクターサポートブレースレッド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【中古】 John Coltrane ジョンコルトレーン / Ascension 【CD】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»